2007年08月21日

梶山という選択

スポーツナビにて梶山についてコラムが載ってました。

執筆は、東京を愛してやまない後藤氏。笑


大分戦、五輪を争う梅崎との対決は梅崎に軍配。
でも指揮官が選択したのは梶山。
絶対的な信頼を寄せていることがうかがえる。


こんなような書き出しで始まるコラムでした。
(帰りの電車に揺られながらなのでうろ覚えです)


最初は、ムラがあるし試合中消えてることが多いし「大丈夫か??」と疑問符がついてまわってましたね、たしかに。

でも最近は運動量も多いし、やっぱりキープ力あるし、タイプは違えども宮沢が移籍してしまったチームにおいては展開力がある選手の部類に入るし、欠かせない存在になりつつあるのは事実。

確かに柏戦でボールを奪われてそれが失点には繋がりましたけどね。
でも自分のミスを取り返そうと必死に駆け戻ったことに、梶山の成長を見る訳ですよ。

チームの中心選手に育ちつつあるものの、まだ若さが垣間見えることも。。。

でも期待せずにはいられない、そんな選手です。

東京での活躍はもちろん、五輪もしっかり本大会に進んで、強豪とガチンコで闘ってきて欲しい。
スケールアップした梶山を見たいからね。

伊野波の捻挫離脱は残念だけど、その分しっかり平山・梶山には頑張ってもらいたい。

正直、五輪とか言ってられるチーム状態ではないけど、経験をチームに還元してもらうことで相殺しましょ。

明日は勝て!!
posted by Rambling at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。