2007年05月09日

今更ながら龍時

.JPG


「龍時01-02」を読んだ。

流行ったのはずいぶん前だよね〜。汗

野沢尚。
「青い鳥」は見てた。トヨエツだよね?確か。
「眠れる森」は見てない。中山美穂のドラマに拒否反応出てたんだよね。。。笑

小説「破線のマリス」は読んだ。
ハラハラして読んだけど、主人公の考え方や行動が横暴な気がして、あんまり好きじゃなかった。
文体もクドイ部分があってイマイチだった。
まぁストーリーは面白かったから、一気に読んじゃったけど。

そんな流れで、野沢尚著ということもあり、なかなかこの「龍時」に手が出なかったんだよね〜。w

物は試しと言うし・・・ということで。笑
ちょうどスタジアム開門前の暇つぶしに読んでた文庫本が切れたのもあって。

ストーリー自体は特に目新しさは感じなかったけど、どうなるんだろ?的な好奇心でどんどん読み進められました。
(どーも、トントン拍子なのが気に入らないけど・・・)

この本で気に入ったのは家族のやり取り。
特にお母さんとのやり取りや、お母さんの気持ち。
ここはグッとくるものがあったなぁ〜。
さすが、脚本家!w

金子達彦氏が後書きを寄せたり、多くのJリーガーが読んだとのことですけど、きっとサッカーの描写や心理がウケたんだろうなぁ。

サッカー好きの皆さんは、もうとっくに読まれてるんでしょうね!(^^)
posted by Rambling at 00:44| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41211832

この記事へのトラックバック

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
Excerpt: このドラマを面白いと感じる人で、これを見ていない人が居るとすれば、あなたは間違いなく人生を損しています。かくいう私、2007年のBShiの再放送で初めて「新撰組!」を通して見た一人ですが。……本当に損..
Weblog:
Tracked: 2007-10-24 00:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。